eBay仕入れ

物販をやる際は

結局は仕入れをどうするかというところに行き着きます。

例えば

メーカー、卸サイト、各プラットフォーム、個人仕入れ、買取、店舗せどりなど

様々な場所があります。

そのプラットフォーム間の差益をついて仕入れて出品の繰り返しのwork。

すごく目利き力があれば、ピンポイントで刈り取っていけます。

もちろんツールでキーワードをかけて刈り取ってもいけます。

大量仕入れすることによりコストを下げ、他者との差を付けることもできます。

あくまでも転売レベルです。

それ以上でやる場合は、どうしても転売の域を抜け出さないと結構きつくなります。

でも転売レベルの中古有在庫でも個人で副収入を稼ごうと思ったら

うまくやれば月利100万も狙っていけます。

現在お奨めなのが古物市場仕入れ。

古物市場は中古品を扱う業者が中古品を売買する場所です。

一般に出回っている中古品と比較すると、

安い金額で取引されるのがメリットです。

古物市場は全国様々な場所で開催されていますが、

一般向けにはあまり知られていません。

一般の人は基本的に参加することができず、古物商許可証が必要だったり、

参加条件を設定していることもあります。

その参加条件に沿っていないと

古物商の許可を得ている人でも参加できない場合もあります。

現在Earth World Communityでは、古物市場で長年仕入れを行っている

経験値の高いバイヤーと取引を行っております。

メリットは安さもありますが、、継続性です。

中古品の魅力は利益率の高さだったり、他者と違いを見せやすい反面、

ヤフオクやメルカリでは個々に仕入れることはたまたまできても

ずっと続けて仕入れることは難しいですし面倒です。

その面倒な部分を考慮した古物商品の卸しサイト(月額制)を

希望者に提供しております。

仕入金額にもよりますが、上記のように大量に卸すことも可能です。

例えばブランド品、アパレル品を大量に卸してもらっているんですが

・やはり偽物をつかむリスクがほぼない

・通常では仕入れることができないようなアイテムを仕入れられる

・仕入れにかかる時間を削減できる

などのメリットがあります。

さらに商品選定や仕入れ基準からの販売基準を構築し、

外注さんに共有できれば、出品も個人でも依頼すれば

任せていくことは可能な範囲です。

今後卸サイトは人数限定など限定性にしていく可能性があるため

希望の場合はご連絡くださいませ。

ひとつの収入の柱としていかがでしょうか。

卸サイト

投稿者: worldonlinesalongex

越境ビジネスサポート

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。